180cm以上のつっぱり式のロールスクリー

180cm以上のつっぱり式のロールスクリーンやブラインドって売ってますか? 賃貸マンションの掃き出し窓につっぱり式のロールスクリーンかブラインドを付けようと思ってるんですが、枠内の幅が183cmと大きく、楽天市場などで軽く探した感じだと180cmまでのものしか見つけられませんでした。 ちゃんと探せばあるのか構造上180cmまでしかないのかどちらでしょうか? 180cmの物が売ってるところがあったら教えていただけると嬉しいです。 ちなみにつっぱり式ってカーテンレールのある窓にも付けられますか?

もともと、ロールスクリーンやブラインドはオーダーなのです。 メーカーは既製品製作をしていません。 既製品は通常販売されていません。 展示品はたまたま展示用として店舗が注文して、 とか在庫があるものを販売しています。 ですから、どこのインテリアショップでも構いません。 寸法を測って来店してください。 窓の全景写真もあると店の人はアドバイスしやすいよ。 突っ張り棒もご相談ください。 ◇つっぱり式ってカーテンレールのある窓にも付けられますか? *そのままでは難しい。 現在のカーテンレールを外して、ビス穴を利用して新規レールの取付で可能です。 外したレールを来店時に持参する。 賃貸なので既存レールは大家さんの設置ですか? その場合は外したレールは保管しておいてください。 退去時に�

��通りに復帰する必要があります。

特別児童扶養手当 診断書を親が記入させられた場合 特別児童扶養手当 診断書を親が記入させられた場合について質問です。 該当していた息子は現在、 8歳小学校2年生 特別支援級 知的クラ スに所属しています。 3歳の時に保健所での健康診断で、言語の遅れを指摘され、発達支援センターへ訓練のため、通所するようになり、センターの勧めで療育手帳Bを取得しました。 センターに進められるまま、国立の医療機関にも通うようになり、広汎性発達障害自閉症スペクトラムと診断され、そのまま特別児童扶養手当を4年間受給出来ていました。 それが今回11月の再認定時、今まで担当だった主治医の産休により、同じ病院内の別の医師に診断書を書いて貰う事となったのですが、IQは、2年前が68→今回が62 と下がっているのに非該�

��との通知が届きました。 非該当理由を見てみると、診断書作成を依頼した際に、医療機関(こども専門の国立の病院です)の文書作成の事務の係の方に、「ここを記入してください」と言われ、医師ではなく母親である私が記入した文章がそのまま非該当の理由の大部分として記載がありました。日常生活の部分です。 そして、お恥ずかしいのですが、障害や、日常の状態に著しい改善が見られない限り、手当が停止するとは全く思っていなかった私は、非該当との判断を見て、そこで初めて、診断書を記入してもらうにあたり、新しい医師は息子と面談もしていないことに気づき、更にその中でも日常に関わる診断書の中で比較的重要な部分を私(親)に記入させていたことに気付きました。 診断書=医師が書くものという認識だっ��

�のですがまさか私が書かされ、その部分が非該当理由の大部分を占めるとは思いもしませんでした。 再認定時期の11月は私は第三子を妊娠中の上、臨月で(手当を受給していたのは長男)診断書を書いて貰うテストや、診察の予約を取ったり、病院まで距離があるので、その完成した診断書を郵送で11月の頭には送って貰う手続きで精一杯でした。 今思うと、産休に入る医師からは、新しい医師との診察を、IQのテストを受ける日にちに予約取ってください、と夏くらいから言われていて、(基本的に予約が3.4ヶ月待ちの事が多く、テストと診察、訓練の各予約は全く連携していなく同じ日に予約取る事や希望の時間帯で予約する事自体が困難)何回も病院に電話で予約の確認して、結果→新しい医師とは診察なしでも診断書は書けるよう�

��回答を貰い、予約の調整をする手間がはぶけたと喜んでいたら、今回診断書をきちんと記入して貰えず非該当となりました。 要するに新しい医師は、産休に入る医師の担当していた多数の患者の受け入れがスムーズにいかず、息子の診察を省略して、診断書の中の比較的重要な部分を私に記入させてたのです。診断書は決して安くなく4000円少し掛かっています。 この場合、一度非該当と決定されてしまったあとでも、ちゃんと医師に記入して貰った診断書で再認定してもらうことは可能でしょうか? はっきり言って新しく新生児が産まれた今、何度も何度も、掛かりつけの医療機関まで通うのは困難です。 出来れば産休に入った医師の記録をきちんと把握して貰った上で、新しく担当になった医師に再度診断書を書いて貰いたいです��

� 息子の日常生活は2年前と比べてほぼ改善点はなく、療育手帳を取得した際に診察して貰った医師にも、産休に入った医師にも、センターの職員の方にも特児に当てはまると、判断されています。 一旦、今回の非該当を受け入れた後で新規で新たに認定申し込みとなると数ヶ月分、既に再認定の時期から3ヶ月経過していますので10万円以上の手当が貰えない事になります。 息子の状態は何も改善していないのに、新しい医師の引継ぎ、及び診断書の記入の不備によって貰えなくなる金額があまりに高額でとても悔しく思います。 自分の無知さ加減にも腹立たしく思っています。 診断書の不備を、理由に不服申立は可能でしょうか? 振興局へ再審査の書類は取り寄せているのですが、再審査の申立てをしても同じ診断書で判断される��

�けのような気がしています。 やはり一度、非該当を受け入れて手続きして、新たに新規で申込みするしかないのでしょうか? 乱文、すみませんが、よろしくお願い致します。

「IQは、2年前が68→今回が62 と下がっているのに」としてますが、IQを主体にした判定では50未満(中度以上の知的障害)が概ねの目安であり、IQ60代の軽度知的障害の場合は、生活にどの程度制限を受けるかによります。 その生活に関する部分が適当に作成された診断書なので、非該当になったということでしょうね。 異議申立の制度はありますが、どのように申し立てるつもりでしょうか? 『本来医師が書くべき診断書の一部を私が書いた』では、自ら不正行為の共犯であることを申し立てることになると思います。 本人の症状が悪化したとして再申請することは、不可能ではありませんが、悪化するなりの事象があった場合を除き、相応の期間が経っていないと無理です。